小学4・5・6年生
英会話コース
(キッズイングリッシュワールド)

小学4・5・6年生
英会話コース
(キッズイングリッシュワールド)

異文化理解を促進する

聞く・話す力の習得に加え、海外の生活や習慣にも話題を広げ、
異文化理解を促進します。

年齢に合わせた考え方

どんな時期?

  • 自分から学習するコツをつかめる時期。
  • 集中力がついてくるので、考えて答えることを繰り返してできるようになります。
  • 言葉のしくみを系統立てて理解することができる時期です。

小学4・5・6年生コースのポイント

  1. POINT

    質問に対しての答え、またその答えから質問を広げるなど、会話のキャッチボールを長く続けられるように。

  2. POINT

    正確な発音や単語などの基礎をマスター。

  3. POINT

    生徒同士でQ&Aができ、内容をメモしながらコミュニケーションを進めます。

  4. POINT

    センテンスカードを並び替えて、楽しみながら文章の仕組みを学習。

小学4・5・6年生コース修了後にできるようになること

レッスンで目指す目標

    • 話す

    • 学校や街の中、海外の生活の場で使う英語表現を話すことができる
    • レストランでの会話表現といったよく使う表現を話すことができる
    • 現在/過去の概念を理解して、 話すことができる
    • 聞く

    • 簡単な英単語で構成された文章を自然なスピードで聞いて理解ができる
    • 総合的な英語力・今後の英語の勉強に向けた準備

    • 英検5級/4級レベルの英語力を目指す
    • 児童英検シルバー/ゴールドレベルの英語力を目指す
    • 家庭用学習教材を使用し、こども自ら学習するコツをつかむ
    • 海外の文化に興味を持つようになる

小学4・5・6年生コースのカリキュラム

レッスンで目指す目標

ネイティブスピーカーの自然な日常会話のスピードに慣れ、積極的に
質問することができ、基礎的な日常会話ができることを目指す。

  • 英語で言語以外の学習を楽しむことができる。

    T: How big are gorillas?
    S: They are about 1.7 meters tall. They weigh from 140 to 165 kilograms.

レッスンの一例

テーマ

My Pet

メインフレーズ

Wh-, be動詞, Do, Doesなど
様々な質問に対応し、
状況に応じて答えることができる。

  • A: Do you have any pets?
  • B: Yes, I have a dog.
  • A: How often do you take your dog for a walk?
  • B: Once a day.

その他のテーマ
※年間40回のレッスンのなかから、一部抜粋。

  • Getting Around Town

  • At the Beach

小学4・5・6年生コースの教材

初心者クラス

新シリーズ、
"Link to the World"登場!/

ことばの通じない環境の中で、
今自分が知っている、または自分が今持っていることば(英語力)を使い、
なんとかやりとりしながら、意味を見つけ出すプロセスを体験

  • Main Book

    メインブック

    様々な国の子ども達を紹介したパッセージ、まとまりのある内容を発表するプレゼンテーション、日常生活でよく使うUseful Expressions、絵を見て答えるPicture Questionsなど、聞く、話す(やりとりと発表)、読む力を伸ばす新教材です。

  • Word Exercise

    ワードエクササイズブック

    音声ペンを使って学習する事前学習教材。
    年間750単語(英検®5級~4級レベル)の習得をめざします。

  • Workbook

    ワークブック

    レッスンで言えるようになったことを、書いて定着させる復習のコーナーと次のレッスンで話す構文(文法)がわかりやすくまとめられた事前学習コーナーで構成された教材。事前学習、事後学習で、学習理解を深めます。

経験者クラス

  • Workbook(テーマページ)

    Workbook
    (テーマページ)

    学習するテーマごとに単語、
    ダイアログがまとめられた教材

    海外の観光地や食べ物、動物など、より広いテーマをとりあげます。家庭学習用のFuntalkで聞く力、話す力を効果的に伸ばします。

  • Workbook(アクティビティページ)

    Workbook
    (アクティビティページ)

    All English の環境の中、
    楽しく身につくアクティビティページと、宿題ページ。

    リスニングや、クラスSurveyなどたくさん聞いて話すためのアクティビティページ。
    宿題はFuntalkを使って定着を図ります。

年間イベント

総合的な英語力をより着実に身につけるコース

小学4・5・6年生コースのシステム・授業料

システム

種別 キッズイングリッシュワールドコース
対象 小学4・5・6年生※対象年齢は入学年度の4月2日時点での満年齢です。
言語 英語
レッスン時間 60分×週1回
1クラス定員 10名
担当講師

外国人講師

授業料

入学金(税込) 8,640円
月謝(税込) 首都圏・関東エリア 10,590円
東北エリア 8,000円
東海・関西・中国・九州エリア 9,510円

※帰国子女の方も、お気軽にお問い合わせください。

  • レッスンは年間40回です。
  • 上記学費以外に年間教材費と諸経費がかかります。
    諸経費:1,200円/月(税込) ※東北エリアのみ月払い、その他エリアは年間一括払いです。
  • 月謝制コースは、レッスンの振替えはできません。

小学校4~6年生英語学習・教育のメリット・注意点

  • 年齢 特徴

    小学校高学年になると、正確に言いたいという欲求が強くなるにつれ、間違うことに対する不安も生じるようになります。また読み書きに対する能力も向上して、それまで関心すら見せなかった生徒でも、急に読むことが得意になったり、書き写しが正確になって早く書けるようになったりするのもこの時期です。

  • メリット・効果

    小学校高学年の児童にとっての英語学習のメリットは、それまでまったく無意識に「音のかたまり」としてインプットされてきた英語を知識として整理して、意識的な学びを開始できるということにあります。連続した音は、実は単語に分けることができ、単語の並ぶ順番(語順)によって意味が決定されるということが、「何となく」理解できるようになります。さらに「文法用語」に慣れさせておきたいのもこの時期です。「主語」「動詞」「目的語」などの文の成分、「名詞」「形容詞」などの語の性質を表す用語を、完全に理解する必要はありませんので、耳になじませておくだけで、中学に入った時の英語学習がはるかにスムーズです。

  • 注意点

    日本語の基礎も出来上がっているこの時期は、認知発達上も、音声だけに頼った外国語学習はむしろ苦手とする児童が増えてくることがわかっています。よって児童の知的レベルに合わない幼児向けのゲームの繰り返しなども、英語への興味をそぐ要因になりますので、注意が必要です。
    また高学年になると、聞こえた英語に対し「今、何て言ったの?」「どういう意味?」という質問が始まります。「あいまいさに対する耐性」がだんだん弱くなり、きちんとわかりたいという気持ちが強くなるのです。これが概念学習の始まりなのですが、中学生の知的レベルにはまだ至っていませんので、抽象的な解説は避け、具体的でわかりやすい説明が求められます。

見学説明会 実施中!

気軽に始めて
しっかり英語が身につく!

お子さまの年齢・目的に合わせた、
各種コースをご用意しております。

お問い合わせはこちら

<年齢別コースのご紹介>

  • 1歳半・2歳・3歳コース 1歳半・2歳・3歳コース

    約40曲のマザーグースやECC オリジナルソングを通して、英語の音とリズムに慣れ、日常で使う英語表現の習得を目指します。
    All in Englishの環境の中で、年間200語以上の単語を学びます。

  • 3歳コース 3歳コース

    絵本の読み聞かせを通して、聞いて内容を推測する力、英語での自然なやりとりに慣れることを目指します。
    また、パズルを使用し、大文字のアルファベットの認識を始めます。

  • 4・5歳コース 4・5歳コース

    身近な5つの場面をテーマに、年間40文を学習。自分のことについてセンテンス(文)で言えるようになることを目指します。
    大文字、小文字のアルファベットとフォニックス学習(音声指導)を開始します。

  • 小学1・2・3年生コース 小学1・2・3年生コース

    学校での生活、週末の過ごし方など、自分のことについて発表したり、相手に質問したりできるようになる力をつけます。
    単語、英文の書写を開始します。

  • 小学4・5・6年生コース 小学4・5・6年生コース

    世界の有名な観光地や、熱帯雨林に住む動物など、幅広いテーマについて学習します。また、海外でのショッピングやレストランでの会話など、日常会話の習得も目指します。
    現在形、過去形、未来形の概念を理解し話すことを目指します。

  • スーパーマスターコース スーパーマスターコース
    スーパーマスターコース

    外国人講師とバイリンガル講師のダブルティーチングにより、資格試験チャレンジなどを目指します。